オリジナルアニメ第2話公開!!

STUDIO UGOKIによるオリジナルCGアニメーション

『ROBBER’S COMPANY』(ラバースカンパニー)の

第2話をウェブサイトにて公開しました!!

会社での初仕事をすることになった、

デザイナーを目指している主人公ファニー。

期待が膨らむ中、思いもよらぬ結果が待ち受けていた!?

EPISODE 2 「Transform」

第1話はこちらです! 

EPISODE 1 「FUNNY GIRL」

シリーズ全6話、ストーリーはまだまだこれから!

少しずつ、楽しんでくださいね~☆

Twitterアカウントは→こちら

STUDIO UGOKIのホームページもチェックしてね!

今日も1歩をともに 😀 

今は何も言いません!

フィギュア作ったりコミケ行ったり、

最近アニメーション以外の部分の活動が目立ってましたが、

ちゃんとROBBER’S COMPANY 第2話の公開準備もしています。

画像は、2話の表情集の一部です。

シリーズ物の予告は見ないほうが面白いと思うので、

今は何も言いません!

でも第2話…見てくださいね( ̄ー ̄)

We are getting ready for release the second episode

ROBBER’S COMPANY.

Image is part of the facial collection.

Please, look at the second episode 😀 

世界にひとつのフィギュア

じゃじゃーん!

ついに完成しました。

世界にただ一つのFUNNY1/8スケールフィギュア。

ワンフェスで販売した1/16スケール版では

小さいサイズに合わせて等身を低くし、

デフォルメしてかわいい印象にしたのに対し、

こちらのフィギュアはアニメーションモデルの等身を

そのまま再現してもらいました。

今回の制作手順をざっとおさらいすると、

■アニメーション用3Dモデルに仮ポーズを付けて

造形作家の小野さんにMayaデータをお渡しする。

■そこから小野さんが形状修正(ZBrushを使ってました)

■パーツ分けをして3Dプリンターにて出力。

■磨き、塗装。の順番。

いやいや、そんな簡単に書くけど、超大変だったよ!

とか色々言われそうですが、

最初に3Dモデルをお渡しした事は、小野さんも顔の印象などが

崩れなくて助かったとおっしゃってました。

今後も3DCGを生かせる手法で

色々な表現ができればいいなと思います!

Finally it was completed.

This is just one of the figures in the world.

It was reproduced a life‐size of animation model.

First of all,we pass the 3D model data to

prototype model creator Ono-san.

It was a good idea 🙂 

『ROBBER’S COMPANY』公開決定!!!

去年から制作してきたオリジナルWebアニメーション

ROBBER’S COMPANY』の第1話の公開日が

6月30日(木)に決定しました!!!

急なお知らせになってしまいましたが、

日本独自のCGアニメーション表現を追求しながら

様々なクリエイター仲間と作ってきた作品です。

シリーズ全6話、来年の春に向けて配信予定です!

皆さま、是非一度ご覧下さいね^^!

We’ve decided “ROBBER’S COMPANY episode1“release date on June 30.

STUDIO UGOKI is trying to create a new style of CG animation.

This was made a fellow of the many and varied creators .

ちょっとおバカなUGOKIのマスコットキャラクタームービー

2Dアニメーターは個人の名前で腕前が評価されるのに対して

CGアニメーターは世の中に評価されずらい。

大谷さんとのコラボ企画「UGOKUMA DIRECTOR」には

CGアニメーター大谷葉子さんを

みんなに知ってほしい!という思いも込められています。

よくCGアニメってどうやって作るの?

と聞かれますが、結局コンピューターに補完してもらえるのね。

というところで話が終わってしまいます。

でも、人それぞれセンスが違ったりするんですよね。

そういうのを伝えて、もっとCGアニメが

身近なものになるようにしたいですね!

そもそもオリジナルのアニメーションって何だ?

 

オリジナルアニメーションを作り続けるって言ってるけど、

そもそもオリジナルのアニメーションって何だ?

と疑問に思うことがあります。

人と違うアニメーションを作ればオリジナル?

なんだかしっくりこない…

そんなことをもんもんと考える中、

村上春樹さんの自伝に「オリジナルである」

ということの定義が書かれていました。

簡単に言うと、

①他の表現者とは明らかに異なる、
 独自のスタイルを有している。

②時間の経過と共にそのスタイルを自らの力で
 ヴァージョンアップできなくてはならない。

③その独自のスタイルは時間の経過と共にスタンダード化し
 後世の表現者の引用源となる。

そうか。

作る事にプラス、時間軸が必要なんですね。

自分でこれはオリジナルですって言うのは簡単ですが、

人からこれはオリジナルだって判断してもらうには、

ある程度の時間の経過が必要なのかもしれません。

だから、作り続けている人(達)の表現は

「オリジナル」と感じることが

できるのかもしれませんね。

よし、今日も作ろう。