コミティア


報告が遅れました!

先月、無事コミティア123に出展してきましたよ。

ROBBER’S COMPANY』のアートワークをまとめた一冊

その名も「THE ART OF ROBBER’S COMPANY」 を販売してきました。

初めての出展でどんな空気感なのかもよく分からずの

参加だったのですが、オリジナル作品のみを扱う即売会

ということもあってワンフェスやコミケとはまた違う

創作を素直に楽しんでいる空気を感じました。

なんというか、出展者も他の人の作品を楽しんでいて、

作者同士、お互いを尊重しあっているというか。

みんな作るのが楽しくてやってるんだなぁと

暖かい気持ちになりました。

コミティアでプロ、アマ問わず自分の表現したいことを

自由に形にしている場に触れて、素直に創作することって

いいな、となんだか基本的なことなんですけど

感じることができたのでした。

今日も一歩をともに 😉 

スタイル


こんまりさんの片づけ本を片手に作業を進めて行くと

まずこんなに沢山のモノを持っていたのかと

自分たちの持ち物の多さにショックを受けました(; ̄□ ̄)!

その大量のモノ、ひとつひとつと向き合い手で触って

「ときめくかどうか」だけで捨てるか残すかを判断する。

必要だからとか、もったいないからとか

他の基準は一切無しで、家のモノ全てに

方を付けていく作業には

ものすごいエネルギーを必要としました。

服、靴、鞄、本、書類、文房具、

掃除用具、調理器具、食器、雑貨…

家具以外、とにかくすべて。

疲れてきて、気づくと「必要、必要じゃない」と

普通に整理をしていることに気付きやり直し(涙)

でも、ひたすら判断を繰り返していく中で

「ときめく感覚」みたいなものが

なんとなくわかるようになってくるんですね。

「ときめくモノ」って本当に少ししか無い。

いかに今まで何となくモノを持っていたのか。。

それはモノだけに留まらず、

人間関係や仕事でもきっとそう。

ときめく感覚を研ぎ澄ませて、本当に大事なものだけを

持っている、身軽でシンプルな状態が心地よい。

そんな自分たちのスタイル(生き方)を見いだせた

10日間の片づけ祭りでした。

今日も一歩をともに 😀 

台湾遠征

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明日からCGアニカップ参加のため台湾に行ってきます^^

会場は台湾の京都とも呼ばれる場所、台南市です。

今年の会場は台南市の中でも更に田舎で、

周りには何もないよ~という所らしいんですけど、

むしろ現地の人の普段の生活や、空気を感じたいので

そういうガイドブックに載っていない場所に行けるのはラッキーだと感じています。

ネットが通じれば、できるだけツイートしていきたいと思うので覗いて見てくださいね。

今日も一歩をともに 😀 

幸運は動く人のところにやってくる!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Photoshop等のブラシサイズをツマミを回すだけで

変更できるデバイス、BrushKnob(ブラシノブ)の考案者

上さんと、お互いの活動についてお話をしてきました。

上さんはクラウドファンディングで資金調達を成功させ

現在はBrushKnobの販売に尽力されています。

どんな物事でもアイディアを出したり

構想を練ったりすることは必要だし大切だと思いますが、

実際に行動して、形にして着地させることが

何より大事だと思うので、

BrushKnobプロジェクトをやり遂げようとしている

上さんは今後もきっと、構想を形にしていけるんだろうなと

期待せずにはいられません。

幸運は動く人のところにやってくる!

We had a fun conversation with inventor of BrushKnob.

He is Wataru Kami.

He made a success of his crowdfunding.

Ideas and vision is important.

But I think that the act is that it is most important.Like him.

The good luck comes over to a moving person!

商品化の可能性

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

印刷の相談に乗っていただいている齊藤先生に

最新のプリンターではマゼンダの発色が良く、

蛍光ピンクのような色もインクジェット印刷で表現できるよ。

と教えて頂いたので、それを見せてもらいに行ってきました。

写真では上手く伝えられなくて残念ですが、

実物はシルクスクリーンの蛍光インクかな?と思うほどの

鮮やかなピンクなんです。

しかもこの彩度、70年くらい色褪せないそうです!

色々と情報を集めながら、フィギュアに続く

「FUNNY」商品化の可能性を探っています。

目標は海外イベントに作品を出展することですが、

そこで商品を売ることができたらもっと良いので(貪欲)

仕事が増えて大変ですが、挑戦していきたいと思います~!

Latest printers can represent bright colors , such as the silk screen.

I can’t convey it with the photograph.Sorry…  😥 

Our goal is to participate in the international event.

So we want to sell products .

It will increase the work, but we want to challenge.

東京藝大の学食で


東京藝術大学の学食で打ち合わせ。

アニメーション本編の制作と並行して

色々と作品を広める活動をしているのですが、

今回は印刷の手法について大学の先生にお話を伺ってきました。

学生だった頃にお世話になった先生と

もしかしたら一緒にお仕事ができるかもしれないと思うと

緊張してしまいますが、そもそも、大学で学んだ

モノを作ること、表現することの楽しさを共感できる活動なのだから

怯まずに挑戦していきたいと思います!

We had a meeting at the Tokyo University of the Arts.

I talked with a teacher of the time

when I was a student,about printing method.

We are tense, but want to challenge it !